CAGE GALLERY

  • Monster a

    exhibition:
    三嶋一路「Monster a」

    このたびCAGE GALLERYは、5月26日(土)から三嶋一路による「Monster a」を開催致します。

    三嶋一路は1986年大阪府生まれのアーティスト。東京藝術大学先端芸術表現科在学中より写真家・鈴木理策に師事した三嶋は、写真表現をベースとしながらも、芸術のコンテクストとユーモアをかろやかに引用し、社会や芸術そのものに対する自身のまなざしを提示するアーティストです。

    芸術史への批評と造詣からもたらされる三嶋の作品は、同時代表現と呼びうる形態をとることで、レトロスペクティブな印象を避けます。三嶋にとってジャンルやカテゴリーは重要ではなく、常に変化しリアルタイムで生成され続ける「現代」への尽きない関心が、作品の形式へ変換されていると言えるでしょう。

    本展「Monster a」は、展示タイトルと同名の作品《Monster a》と、支持体としての役割を担う壁面作品《The quotation》の2つで構成されます。Monster aは作品内で用いられる観葉植物モンステラ(サトイモ科 / ホウライショウ属)を意味しますが、その語源であるMonsterは近代理性によって排除された異物であり、カメラという銃を向けられる怪物でもあります。作品に組み込まれたプログラムにより、モンステラ=怪物は写真という媒介に置き換えられながら会期中に大量生産されます。それはタスク処理的で目的のない「労働 Labor」であり、プレハブ小屋のサイディングボードによってつくられる《The quotation》を支持体にすることで、アートによるアートのための、繰り返されるマスプロダクションシステムを表しているのかもしれません。

    CAGE GALLERYで二ヶ月に渡って変化する本展を、是非この機会にご覧下さい。

     

     

    展示概要

    三嶋一路「Monster a」

    会期: 2018年5月26日(土) – 2018年7月22日(日)

    点灯時間: 11:00 – 20:00

    会場: CAGE GALLERY

    *自動撮影: 点灯時間内の毎時00分と30分にプログラム

     

     

    三嶋一路 Ichiro Mishima

    1986年大阪生まれ。秋田公立美術工芸短期大学鋳金専攻、東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。

    大学院在学中から他作家の制作協力、展覧会施工の仕事を開始、2015年より活動範囲を広げ、広告やイベント制作を手がける。

    2017年アートスタジオmishima.artを設立し、同時に作家活動を再開。mishima.artは、展示設計、制作協力、記録撮影、コラボレーションなどを行い、芸術の生産と受容に従事している。

    mishima.art

     

    主な展覧会及びプロジェクト

    《MUD, TOKYO And SWIMMING》imlabor at Park Tower Hall Gallery1(2017年)

    美術手帖で連載中の青柳龍太《我、発見せり》の写真を担当