CAGE GALLERY

  • 作者不詳 #2「掲示/啓示」

    exhibition:
    作者不詳 #2「掲示/啓示」企画 原田裕規

    このたびCAGE GALLERYは、8月4日(土)から美術家・原田裕規による企画シリーズ「作者不詳 #2『掲示/啓示』」を開催致します。

    原田裕規は、1989年山口県生まれ。社会の中で取るに足らないとされている「にもかかわらず」広く認知されているモチーフを取り上げ、議論喚起型の問題を提起する数々のプロジェクトで知られています。原田のプロジェクトは、その活動から「批評のアーカイブ」をイメージさせます。それはモチーフがあらかじめ持っている批評性だけでなく、原田が等しく作品として位置付けるいくつかの形態(絵画、写真、インスタレーション、キュレーション、テキスト、書籍)の連鎖/反復によって、プロジェクトが内省的に拡張されているからです。原田の制作において「批評」は、蓄積されながら時に姿を変えて引き出されるマテリアルと言えるでしょう。

    本企画「作者不詳 #2『掲示/啓示』」は、昨年開催された「作者不詳 #1」に続くCAGE GALLERYでは二度目の展示です。シリーズとして展開される本展では、新たに「掲示/啓示」というサブタイトルが与えられています。原田はここで、行為者が特定でき得る「掲示」と、何処からともなくもたらされる「啓示」を同一視しているかのようです。一見ありふれた、言葉遊びとも思える「掲示」と「啓示」の併置は、しかしながら「作者不詳」の写真が二枚併置された本展に添えられることで、作者の確かさ/不確かさにフォーカスするためのトリガーとなるでしょう。

    原田による企画展「作者不詳」シリーズ第二弾を、是非この機会にご覧ください。

     

     

    CAGE GALLERYによる原田裕規インタビュー

    ギャラリー発行のハンドアウト内に、原田裕規インタビューを収録。

    近年の活動をはじめ、制作背景や「作者不詳」などについて、CAGE GALLERYがインタビューを実施。ハンドアウトはギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内に設置されています。展示と合わせて是非お手にとってご覧ください。

     

     

    展示概要

    作者不詳 #2「掲示/啓示」

    企画 原田裕規

    会期: 2018年8月4日(土)- 9月30日(日)

    点灯時間: 11:00 – 20:00

    会場: CAGE GALLERY

    *ギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内にハンドアウトを設置

     

     

    原田裕規 Yuki Harada

    1989 年 山口県生まれ

    2013 年 武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業

    2016 年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了

    2017 年 文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニュージャージーに滞在

     

    主な展覧会

    個展「心霊写真/マツド」山下ビル(2018年)

    個展「心霊写真/ニュージャージー」Kanzan Gallery(2018年)

    企画「心霊写真展」22:00画廊(2012 年)

    企画「ラッセン展」CASHI(2012年)

     

    主な著作

    編著『ラッセンとは何だったのか?──消費とアートを越えた「先」』フィルムアート社(2013年)