CAGE GALLERY

  • 作者不詳 #3 ブルーシート

    作者不詳 #3 ブルーシート
    企画 原田裕規

    CAGE GALLERYは、830日(金)から美術家・原田裕規による「作者不詳 #3 ブルーシート」を開催致します。

    「作者不詳」は、原田裕規がCAGE GALLERYで企画するシリーズ展。原田は本企画において、撮影者の特定できない写真を用いながら、作者の不在について問いを深めながら展示を行ってきました。

    シリーズ3回目となる本展では、「作者不詳」の写真にまつわる考察は継続しつつも、作家の関心はその周辺へ広がっていきます。廃棄された写真を集める中、写真とともに手元へもたらされた布切れやカメラ、アルバムなどの物品。それを原田は「所有者不明の品々」と呼び、遺留品を記録するような手つきで撮影します。

    ブルーシートの上に置かれたこの「品々」は、多くの鑑賞者にとって取るに足らない対象でも、かつての持ち主にはある物語を象徴していたかもしれません。私たちがこの《Blue Sheet》を見るとき、個々の物が固有の記憶を引き出していたと想像できる一方で、被写体に埋め込まれた意味そのものにはたどり着くことができないでしょう。原田による一連の手続きは、そのような意味や物語、記憶の「作者不詳」を拾い上げ、投げかけるかのようです。

    原田裕規による「作者不詳」シリーズ第三弾、新しい展開をみせる本展を、是非この機会にご覧ください。

     

     

     

    原田裕規「波打ち際にて」

    本展に合わせ、原田が書き下ろしたテキスト「波打ち際にて」を、ギャラリー発行のハンドアウト内に収録。展示に際して作家がめぐらせた思考の断片が記されています。

    ハンドアウトはギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内に設置されています。展示と合わせて是非お手にとってご覧ください。

     

     

     

    展示概要

    作者不詳 #3 ブルーシート

    企画 原田裕規

    会期: 2019830日(金) – 115日(火)

    点灯時間: 11:00 – 20:00

    会場: CAGE GALLERY

    ハンドアウト:*ギャラリー向かいのHender Scheme「スキマ」内

     

     

     

    シリーズ「作者不詳」

    作者不詳 #1(会期2017年8月3日(木)- 10月1日(日))

    作者不詳 #2「掲示/啓示」(会期2018年8月4日(土)- 9月30日(日))

    作者不詳 #3 ブルーシート(会期2019年8月30日(金)- 11月5日(火))

     

     

     

    原田裕規 Yuki Harada

    1989年 山口県生まれ

    2013年 武蔵野美術大学造形学部芸術文化学科卒業

    2016年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了

    2017年 文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてニュージャージーに滞在

    2019年 リサーチのためハワイに滞在

    主な展覧会

    個展「写真の壁:Photography Wall」原爆の図 丸木美術館(2019年)

    個展「心霊写真/ニュージャージー」Kanzan Gallery2018年)

    企画「心霊写真展」22:00画廊(2012年)

    企画「ラッセン展」CASHI2012年)

    主な著作

    編著『ラッセンとは何だったのか?──消費とアートを越えた「先」』フィルムアート社(2013年)

     

     

    Yuki Harada《Blue Sheet #6》 2019